前へ
次へ

初めての衆参で産休をとって本当に良かった事

私は共働き夫婦でやがて子供を授かった時、産休を利用した後に職場復帰をしています。仕事自体はやめるつもりはなかったので、産休明けは復帰する事もしっかり考えていました。ただ一抹の不安として、私のいた職場で一度も産休を取った人がいなかったというのが気になっていました。もちろん女性社員はいましたが、結婚したらやめてしまう人が多く私のように結婚した後も働いている人というのは少なかったです。居ても既に子育てが落ち着いている人ばかりで、出産を経て仕事復帰という人は私が仕事をしている中で記憶にありませんでした。もちろん会社の制度としてはしっかり産休はあるので利用して問題はないはずなんですが、仕事復帰も含めて大丈夫という気持ちではありませんでした。実際に妊娠が分かった後も職場には言わず、安定期に入るまでは普段と変わらず仕事をこなしていました。悪阻もありましたが最初のうちは我慢できない程でもなかったのも、周りにばれずに済んだ理由の一つです。そろそろ申請も含めて職場の上司に相談しなくてはいけない時期が近づいた時は、正直心配と不安ばかりが先行していました。いざ上司に妊娠を報告したのち産休の申請をとりたい事を伝えると、最初の言葉がおめでとうという祝福でした。こればっかりは授かりものだからみんなが子供を持てるわけでもないだろうけど、子供が来てくれたなんて嬉しいかぎりじゃないか。しっかり産休とって出産に控えてね、仕事の事は心配しなくて大丈夫という言葉をかけてもらった時は嬉しくて涙が出ました。あまり職場の人達と接点のない仕事でしたが、職場のみんなも喜んでくれて悪阻の心配や仕事の面のサポートなど率先して助けてくれるようになりました。その後無事に産休をとり出産を経て、今の職場に復帰して働いています。今まで産休を取る人はいませんでしたが、会社が想像以上に出産に対しての手厚い対応をしてくれる事がわかって本当に良い会社だなと思っています。

Page Top