前へ
次へ

初めての衆参で産休をとって本当に良かった事

私は共働き夫婦でやがて子供を授かった時、産休を利用した後に職場復帰をしています。仕事自体はやめるつも

more

産休のメリットとデメリットを知ろう

産休は働く女性が取得できる出産に関する休暇で、正社員で働く女性だけでなく、パートなどの方も条件を満た

more

産休中は動画ばかり見て過ごしていた

初めての出産ということもあり、何をどのように準備をしたら良いのかわかりませんでした。あまり積極的に交

more

企業によって制度も違いが出てくる産休

仕事をする女性が増えてきたことにより、産休の取得を推奨する企業も多くなってきました。当たり前のようにあると考えがちな産休ですが、企業によってはその制度がないところもあります。雇用形態も大きく影響をすることがあります。正社員であれば産休の制度を利用することはできますが、契約社員や派遣社員の場合にはその制度が適用されないということもあります。今は正社員と契約社員、派遣社員の格差をなくすような社会になりつつありますが、まだまだ格差はあります。産休も同じで妊娠をしたのであれば、仕事を辞めるという選択を取るしかない、ということもあるので就業をする際には産休の制度があるのかどうかをチェックしておくことも重要でしょう。看護師などの国家資格が必要となる仕事の場合で女性が多い業種は産休も普及しているところが多いです。産休だけはなく、育児休暇もしっかりと取得をすることができたり、医療機関の中に保育所を設けて子供を預けることが出来るシステムを構築しているところもあります。勤務をするところによってかなりの差が生じているので、平等ということはできないでしょう。また部署によっては複数の女性の妊娠が重なってしまうと仕事がスムーズに進まなくなってしまうということから、出来るだけ時期をずらすということが暗黙の了解になっているところもあります。ルールとして決まっているわけではありませんが、それでも当たり前のように受け継がれている場合もあるので、文書化されていないルールなどもあるかもしれない、と考えておいたほうがよいかもしれません。男性よりも女性のほうが負担になってしまうことも多いので、パートナーも協力してもらえる職場環境なのかどうかも確認しておくとよいでしょう。まだまだ少ないですが、男性の育児休暇の取得も推奨しているところも増えてきているので、女性だけに負担がかからないように配慮している企業もあり、安心して子育て出来る環境を作っているようです。

世界的に認められている施術が受けられる接骨院
オリキュロセラピーやトルクリリースができる岡崎市唯一の接骨院として有名です。

できるだけ歯を残す歯並び治療を
患者様にできるだけ負担の少ない矯正治療をご提供しています

しっかり噛めるようになりました
その声が聞きたくて、名古屋ルミナス歯科・矯正歯科は丁寧なインプラント治療を行っています

オンライン授業でリアルと同等の授業が受けられます
疑問点をすぐに解消でき、個人の学力に合わせたアドバイスも受けることができますので、ぜひ受けてみてください。

歯学部で留年してしまったらどうすればいい?
ADOがしっかりとお答えさせていただきます

Page Top