前へ
次へ

産休のメリットとデメリットを知ろう

産休は働く女性が取得できる出産に関する休暇で、正社員で働く女性だけでなく、パートなどの方も条件を満たすと取得できるようになっています。ではこの産休ですが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。またデメリットなどがあるかどうかについても、実際に取得するとなると考えてしまうものでもあります。そこで、産休のメリットとデメリットを具体的な視点でご紹介してみたいと思います。産休は産前・産後休暇のことで、出産前と後に一定期間取得されていますが、メリットとしてまず出産するに当たり、体などがしんどくなる時期に取得できるという点が挙げられます。産休を取らずに仕事をしていると、だんだんとお腹が大きくなってきますが、出産直前まで仕事をすると肉艇的にとても辛いです。お腹が大きくなると、座るのも歩くのも大変になってきますし、腰に負担もかかり、体力的にきついです。そのため、出産前のお腹が大きくなってくる時期などに自宅で過ごせると体が辛い時には横になって休めますし、穏やかに過ごすことができます。また、出産前は安静にしていなければ早産リスクが高まる方もいますし、切迫早産を防ぐためにも産休はとても有効な制度です。さらに、出産後はお子さんのお世話などで寝ている暇もないくらい忙しくなりますし、事前に出産準備をしておくことでお子さんが生まれたらすぐに使用できます。さらに、出産後は母体の回復という点でも自宅で過ごすことは大きなメリットがあります。会社であれば忙しい時にはゆっくりとしていることは難しいですが、自宅であればこうした心配はありません。このように、さまざまなメリットがある産休ですが、デメリットもあり、産休で仕事をすることができないため、収入面が心配という人なども多いようです。さらに、お子さんがいない人と比較すると。その後のキャリアパスに違いが出てくる場合もあるといえます。しかし、お子さんを生み育てるための産休は働く女性を持つ家族にとって大変役立つ制度になっているといえます。

Page Top